2010年01月21日

センター試験 全国725会場で始まる(毎日新聞)

 10年度の大学入試センター試験が16日、全国725会場で始まった。センター試験を利用するのは過去最多の811大学・短大で、志願者数は前年度比1.7%増の55万3368人。センター試験利用大学の総募集人数(18万4340人)に対する志願倍率は08、09年度と同じ3.0倍だった。17日まで2日間にわたって行われる。

 志願者の内訳は現役生44万148人、既卒者10万6653人、その他(高卒認定試験合格者など)6567人で、現役比率は過去最高の79.5%。今春の高校卒業見込み者(107万2513人)の41.0%が志願し、過去最高を更新した。

 新型インフルエンザの影響が懸念される今年は、体調が悪い受験生のための別室受験の準備など、各会場は対応に追われた。本試験を受けられなかった場合30、31日に追試を実施する。例年全国2カ所だった追試会場は全都道府県に準備する。

 同センターによると、新型インフルエンザなどの病気やけがで、追試受験の許可を受けたのは15日現在、全国で228人。うち154人が季節性を含むインフルエンザが原因だった。【井上俊樹】

 ◇問題と解答は「毎日jp」で

 主な科目の問題と全科目の解答は17、18日朝刊に掲載します。全科目の問題と解答は当日の全試験終了後、総合情報サイト「毎日jp」(http://mainichi.jp/life/edu/exam/center10/)でご覧になれます。16日の英語リスニングの問題は音声付き。携帯電話向けサイト「毎日新聞・スポニチ」でも、主な科目の解答を掲載します。各社のメニューリストからアクセスしてください。

【関連ニュース】
センター試験:725会場で16日から 55万人が志願
センター試験:インフル対策万全? 予備校、会場ピリピリ
国立大学:新型インフル感染者、入試2次でも追試験実施
大学入試:国公立大2次試験の前期日程、149大学で開始
大学入試:国公立大2次試験の前期試験スタート 北海道

<脱税容疑>左官会社「フタ村」が4500万円 国税局告発(毎日新聞)
「指揮権発動、一般論としてある」…千葉法相(読売新聞)
大茶盛 初釜に歓声 奈良・西大寺(毎日新聞)
福島氏「強く抗議する」 北沢防衛相の武器輸出三原則見直し発言(産経新聞)
センター試験「現代社会」設問に疑義 「外国人参政権容認」不適切の声(産経新聞)
posted by ぽぺっと at 12:44| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

首相、小沢幹事長変えず「内閣として一致結束」 陸山会強制捜査で(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は14日朝、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入問題をめぐり、東京地検が一斉家宅捜索を行ったことについて、「国会にできるだけ影響を与えないよう、一生懸命やるしかない。内閣として一致結束してやる」と述べた。首相公邸前で記者団に答えた。

 幹事長人事を見直す考えはあるかと問われると、「今はない。うちとしては(小沢)幹事長の体制でここまでやってきた。選挙も厳しい中を乗り越えてきたから、今、考えはない」と強く否定した。小沢氏が東京地検の事情聴取に応じるべきかについては、「ご本人の判断次第だと思う」と答えた。

 連立与党の社民党から説明責任を求める声が上がっていることに関しては「捜査中だから、本人も発言を控えていると思う」と述べるにとどめた。

 一方、「(一連の疑惑で)政治資金規正法(違反)の話が出たから、そういう議論は大いに、与野党そろって対処していくべきではないか」とも述べ、国会で法改正を含めた議論がなされるよう求めた。

【関連記事】
「任意捜査では解明できない」と判断 小沢氏の関与、随所に
「やましいカネ」隠蔽? 陸山会、24億円を不透明移動
不可解10億円分…「小沢氏名義」で億ション買いあさる
「うるさい、しゃべることない!」捜査にいらだつ小沢氏側近
首相「コメントする立場にない」 小沢氏側への捜索で

「小沢事務所側から依頼がありましたか」弁護人が反撃(産経新聞)
新型インフルで追試 首都大学東京が決定(産経新聞)
腕時計の窃盗罪で男を起訴 ドラム缶殺人事件(産経新聞)
官房長官「国会審議に影響がないように」 陸山会強制捜査(産経新聞)
<消費者ホットライン>全国運用始まる 共通番号で被害相談(毎日新聞)
posted by ぽぺっと at 19:09| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

雑記帳 戦艦「三笠」に魅せられ そっくり模型作製 金沢(毎日新聞)

 小説「坂の上の雲」で活躍する戦艦「三笠」に魅せられた金沢市の男性(42)が、忠実な模型を作製、近く、ネットを通じ販売する。

 国会図書館などで設計図や写真を丹念に探し、新資料に基づいたもので、全長約40センチ。工作時間は500時間にも。ネットには艦の本来の姿を追求した論文も掲載している。

 「実艦にどれだけ近づけたかを示すチャレンジだった。それを評価してもらいたい」と価格を120万円に設定。この雲をつかむような話、青雲の志成就となるか?【高橋望】

みそぎのブログ
フィッシャー魂
無料ホームページ
クレジットカード現金化 還元率
ショッピング枠現金化
posted by ぽぺっと at 18:45| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。