2010年01月25日

<喫煙>20代の7割すでに「ニコチン依存」 製薬会社調査(毎日新聞)

 20歳代の喫煙者の約7割がすでに「ニコチン依存」の状態にあることが、製薬会社ファイザー(東京都)が実施した1000人規模の調査で分かった。回答者の半数近くが高校卒業までにたばこを吸い始めており、20歳代でも喫煙年数が短いとはいえない状況も浮かんだ。

 調査は昨年秋、インターネット上で実施。喫煙している20歳代の男女各500人が回答した。ニコチンへの精神的な依存度を診断するTDSテストを全員に受けてもらったところ、10項目のうち5項目以上が該当する「ニコチン依存症」の割合は70%だった。

 吸い始めた時期は「大学生」が44%で最多だったが、高校生26%、中学生16%など計46%が高校卒業までに吸い始めていた。

 83%が、学校の授業でたばこの害について学んだことがあり、74%が有害性を「認識していた」と回答した。

 吸い始めたことを「後悔したことがある」は52%。ニコチン依存症のグループに限ると64%に上り、同グループの67%は「すぐには禁煙できない」と答えた。

 厚生労働省の調査によると、日本人の喫煙率は徐々に低下しているが、20~30歳代は横ばい。調査結果について、禁煙推進学術ネットワーク委員長の藤原久義・兵庫県立尼崎病院長は「若いから喫煙年数が短いとは限らない。ニコチン依存症になると、自らの意志だけで禁煙するのは難しく、長期的な喫煙の被害を若い世代にしっかり理解させる必要がある」と指摘する。【元村有希子】

【関連ニュース】
糖尿病患者:生活習慣改善で脳卒中が減少 厚労省調査
糖尿病患者:生活習慣改善で脳卒中が減少--厚労省研究班調査
Dr.中川のがんから死生をみつめる:/36 予防に重要な食育
Dr.中川のがんから死生をみつめる:/34 たばこの害、周囲にも
禁煙外来:たばこ、きっぱりやめられます?! 県立淡路病院が開設 /兵庫

3月18日に新証人尋問…羽賀研二被告控訴審(スポーツ報知)
民主・輿石幹事長代行、「捜査情報リーク対策チーム」設置は見送らず(産経新聞)
<踏切>遮断棒上がったまま列車通過けが人なし JR阪和線(毎日新聞)
広瀬遺跡 水無瀬離宮の一部か…大規模遺構発見 大阪(毎日新聞)
<人事>総務次官に岡本氏就任(毎日新聞)
posted by ぽぺっと at 16:19| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。